10年目も強い会社は

 1年目に理由があった

  正しい銀行交渉術

 

★これから創業する社長★

なぜ、1年目に借りておくとつぶれないかが分かります

 

★以前融資を断られた社長★

銀行と正しく付合う方法を教えます

 

これまで、多くのお客様に融資業務を通じて様々なことをお伝えしてきました。

そんな中、
「融資についてのメルマガってやっていますか?」

「もし、横山さんのメルマガがあれば、ぜひ登録したいです!」

という声を、これまでに頂いていました。

 

ということで、そんな声を受けて、
今回は、私のメルマガを紹介させていただきます。


もし、興味のある人はぜひご登録ください。

 

無料メルマガ登録はこちらです

↓ ↓ ↓

 

今すぐ登録する 無料!

 

 

こんにちは。横山幸一です。

私がこの仕事をするきっかけとなったのは数年前。

堺市に、知人が経営するA学習塾がありました。毎日、生徒が集まり地元では人気の塾でした。


ある日、そのA学習塾の近くに大手塾が進出してきました。

A学習塾の塾長は、大手塾の進出を気にかけることなく、毎日子どもたちを熱心に指導していました。


しかし、大手塾は豊富な資金力をもとに、あれこれと様々な方法を使って生徒を集めにかかったのです。そして、半年が過ぎた頃に、A学習塾にも大きな波となって影響し始めたのです。

 

普段から仕事一筋でやってきた塾長には、資金調達のノウハウはありません。
やがて資金繰りが滞ってしまい、志半ばで倒産してしまったのです。

 

仕事において、本業に重きをおくのは当然です。
しかし、世の中は何があるか、この先どうなるかは、誰にもわかりません。
特に、お金での困りごとは本業にも悪影響を及ぼします。

 

私は、子どもたちには学校以外でも、たくさんの学ぶべき場所があるべきだと考えています。
例えば、そろばん教室、習字教室、進学塾、補習塾、算数専門塾、国語専門塾、理科実験教室、スポーツ教室、スイミングスクールなどです。

そして、大事なのはそれらの教室が地元密着であることです。
地元だからこそ、電車通塾や遅い時間の帰宅をしないですむのです。
子どもたちに学校の放課後を利用して、いろいろな体験学習をさせることができるのです。

 

このときの経験から、地元の学習塾のような、中小企業の経営者こそ正しい資金繰りの知識が必要だと実感しました。そして、熱い気持ちを持った中小企業の経営者が、つらい思いをすることのないように、できるだけのサポートをしていきたいと心に決めました。
自分自身に新しい力をつけて、中小企業に貢献したいと考えたのです。



行政書士横山幸一事務所、堺創業融資支援センター
代表 横山幸一

大阪・堺市の融資に強い行政書士事務所
経営者の資金繰りの悩みを解決できる専門家です!

行政書士、SP融資コンサルタント

事業性評価融資支援コンサルタント

 

実績など

 

あなたの会社は、貸してほしいときに、

貸してもらえる会社ですか?

 

 融資のとき、まず相談すべき専門家が分からない

 どの銀行にどうやって融資申込みすればいいか分からない

 顧問税理士が融資の相談にのってくれそうにない

 経営者の味方になってくれる専門家に依頼したい

 いくらまでなら貸してくれるのかを知りたい 

 

銀行が融資する基準は? 

  何を決め手にしているのか


融資をスムーズに引き出せるのか?

  どのような準備をすればいいのか


実際に融資が必要な時期に間に合うのか?

  準備は、いつごろから始めればいいのか

 

 

 

最近、ふと不安に思うことがある

※毎月末になると資金繰りが苦しい
※融資断られたので、銀行に対して敷居が高い
今はいいけれど、半年後1年後心配だ
※設備投資できれば、会社は次の段階入れるのに

 

 

 

創業融資成功の流れ

 

・初回面談:融資を受けるための条件などをヒアリングします

・融資を受ける日本政策金融公庫で申込書をもらいます

・第二回面談:ヒアリングを通して、書類や添付資料を作成していきます

 あなたは、質問に答えるだけです。書類や添付資料への入力はこちらで行います)

・作成した書類や添付資料の確認をします

・日本政策金融公庫に提出して申込みます

 

想定問答集模擬面談を行います

 (面談でのNGワードをリスト化。模範解答がわかります)

・日本政策金融公庫の担当者と面談します

・後日、日本政策金融公庫から融資決定額が連絡されます

※サポート期間中は、電話やメールでの質問は無制限です

※業務終了後の顧問契約移行セールスはしませんので、ご安心ください

 

創業後融資成功する5つの理由

 

理由1
綿密なヒアリングで、みっちりと分析を行います。
「前月の実績値と売上・利益計画の数字を対比し、前月の経営内容を振り返ります。そこから達成・未達成の原因を分析し、今月の計画値を達成させるための具体的な改善策を見つけていきます。」これを確実に実行し金融機関に提出するからこそ、半年後には【銀行が貸したくなる会社】になれるのです。


理由2
金融機関からの信用力を高める資料を作成します。
ヒアリングの内容をもとに、「月次事業報告書」を作成します。専門家と一緒に細かい点までしっかり作り込むことで、金融機関からの評価や信用力がぐんと高まります


理由3
融資をしてもらえる新しい銀行を開拓するサポートをします。
一つの銀行だけと付き合うのは、あまりに無防備です。たとえ高金利の融資であっても、承諾せざるをえないリスクが生じるからです。納得できる融資をしてもらえる銀行を新規開拓するサポートをします。


理由4
銀行への訪問に同行します。
銀行との関係づくりには、管理職(責任者)と何度も会うことが一番大事です。そのためにも、月次事業報告書と試算表を持参し、銀行に前月の経営内容を説明します。1人では敷居が高くても同行するので安心です。


理由5
融資依頼書兼経営計画書を作成します。
融資依頼書兼経営計画書は、融資申込みの最初の段階での重要書類です。この書類を作成しておくことで、金利や据置期間についても金融機関側と交渉できます

 

 

料金について

創業融資サポート及び創業後の融資サポートでの成功報酬は、融資成功額の5%です。

例えば、800万円の融資申込みをして、満額の800万円の融資に成功した場合、

800万円×5%=40万円

40万円が成功報酬になります。

 

 

Q&A


 

これまで何度か融資申込みをしてきましたが、思うような結果を出すことができませんでした。そのような私でも問題ないでしょうか?

まず、何がネックになって融資を受けられなかったのかを見つけ出すことが最優先です。その上で、対策を立て実現可能性の高い事業計画書を作成して、融資依頼すれば大丈夫です。

 

パソコンを持っていませんが、書類作成できますか?

大丈夫です。
丁寧にヒアリングをさせていただき、こちらでパソコン入力した上で、書類作成いたします。

 

パソコン初心者でも、事業計画書などの複雑な書類を作れますか?

問題ありません。ワードまたはエクセルが使えれば、書類作成できます。パソコン入力が不得手な場合は、こちらで入力いたしますのでご安心ください。

 

料金体系について教えてください。

着手金が3万円(消費税別)です。こちらは、融資の成功如何にかかわらず返却いたしません。融資成功後は、融資成功額の5%を成功報酬としていただいております。

 

書類や添付資料の受け渡しの方法は手渡しですか?

普段は、メール添付にて書類や添付資料のやり取りをします。面談日が近ければ手渡しになります。

 

支払い方法は現金ですか?振込みですか?

どちらでも大丈夫です。現金の場合は振込手数料がかかりません。

 

書類や添付資料の作成時に、分からないことや聞きたいことがあったときは、どのように対応してもらえますか?

電話でお答えいたします。他には、メールでも24時間以内に返信させていただきます。

 

計画書の数字を作るのが苦手で、時間がかかります。

心配ありません。書類の数字はヒアリング中心で作成していきます。あなたは、質問に答えるだけで、実際の入力や表作成はこちらで行います。ご安心ください。

 

銀行に融資相談に行ったこともなければ、融資申込みに行ったこともありません。

金融機関への訪問時には、私も同行しますので大丈夫です。訪問直前には想定問答集を使って面談の練習も行います。面談時に、もしも答えに詰まっても私の方でサポートいたします。

 

融資成功後には、顧問契約などをしないといけないですか?

いいえ、顧問契約はあなた自身でご判断ください。こちらからセールスすることはいたしません。もし、ご希望の場合は、融資成功後に詳細を説明させていただきます。

 

 

 

お客様の声&推薦者の声

 

「少し自己資金の面で不安を持たれている方におすすめしたいです」

株式会社髙井重量 代表取締役 髙井 譲様

 

横山さんに業務の依頼をしようと思ったきっかけは、インターネットやホームページ等で、融資に強いという言葉にひかれたからです。

 

私は自己資金に少し不安がありましたが、実際に依頼してみて、その不安を定期的なミーティングや書類作成でカバーしていただき、無事希望額まで借りることができました。

 

一人ではできないことだと、あらためて思いました。

やはり、私みたいに事業はしたくても、少し自己資金の面で不安を持たれている方におすすめしたいです。

 

不安があっても、相談して対策をすれば、可能性があることを伝えたいです。

 

今回、一人ではとうてい無理なことだったと、痛感しております。

一人で悩まずにまず相談して良かったなというのが本音です。

 

これで、新規事業をスタートすることができます。

ありがとうございました。

 

 

「横山さんは、金融機関が思わず貸したくなる

”実現可能性の高い事業計画書”を作ることができます

一般社団法人融資コンサルタント協会  代表理事 東川 仁様

 

私が最初に横山さんにお会いしたのは、「融資に強いFP・士業になる方法セミナー」でした。

 

セミナー後の懇親会で、横山さんは、「銀行とのつきあいを通して業務を行うことは、私の開業当時からの目標です。このセミナーは、私が本当に聞きたかったことが聞けたセミナーでした。本当にありがとうございます。」と目をキラキラ輝かせておっしゃっていたのが、とても印象的でした。

 

その後、横山さんは「融資に強いFP・士業養成講座」を受講し、一般社団法人融資コンサルタント協会認定「SP融資コンサルタント」の資格を取得し、融資コンサルタントとしての活動を開始されました。

 

とても真面目な性格で、勉強会の連絡のメールに対しても、丁寧なお礼メールを送ってこられますし、勉強会の際は、開始時間の15分前には必ず会場に来られています。

 

彼のモットーは、「期限・時間厳守、正確な書類作成」であり、仕事ぶりは本当に評価できます。

 

それだけでなく、大阪では隔月に開催している「融資コンサルタント実践研究会」にも、休むことなく参加され、融資コンサルタントとして最新情報の取得に意欲的であり、「中小企業経営者に貢献したい」という想いが行動ににじみ出ている、とてもすばらしいコンサルタントです。

 

講座を受講した翌日には、地元の金融機関を訪問し、多くの支店長とパイプを作られました。

 

そういったパイプを活かして、中小企業がつきあうべき金融機関を紹介できるノウハウを確立されています。

 

彼は、金融機関が思わず貸したくなる「実現可能性の高い事業計画書」を作ることができますし、積極的に銀行へ同行訪問してくれるので、彼のサポートを受けると、かなり高い確率で、融資を受けることができるようになっているようです。

 

そんな横山さんは、「資金繰りに悩んでいる中小企業経営者」のために、メールマガジンを書かれています。

 

経験に裏付けられた、資金調達を円滑にするためのノウハウ満載のこのメールマガジン。

是非、登録されることをお勧めします。

 

 

「会社にとっての大きな力を授けて頂きました」

株式会社スタイルクリエーション 代表取締役 染川千惠様

 

横山さんに個別相談をお願いしたのは、その誠実なお人柄からです。

 

当社は現在8期目の営業になりますが、これまで融資を利用したことがありません。

 

経営者の集まりなどで融資に関しての話題が出ることもしばしばですが、私自身が無借金経営が健全だという考えの元に経営をしてきたこともあり、これまでその類の話題には正直関心が持てませんでした。

 

ですが、周囲の経営者より、大きな投資が必要になった際に資金が用立てできることでチャンスをつかめること、その時に銀行に借りに行ったのでは遅いことなどを伺い、横山さんからも同様の話を伺いました。

 

その時、ようやく融資に対してのイメージが変わりました。

 

すぐに個別相談を申込み、一から教えていただき、『借金=悪』くらいに捉えていた私の意識が、横山さんの的確で建設的なご提案で見事に変わりました。

 

横山さんとのご縁がなければ、私の頑なな考えも、未だ変わっていなかったことと思います。

 

会社にとっての大きな力を授けて頂きました。ありがとうございます。

 

 

「何度かお仕事をご一緒させていただき、とても信頼できる方だと思っております

上坂税理士事務所 税理士 上坂朋子様

 

横山さんの第一印象は「非常に真面目そうな方だな」というものでした。

 

元々は、私が税務署で納税者の方向けに記帳説明会の講演をした際に受講生としていらっしゃったのがきっかけです。

 

その後、わざわざご連絡をくださり、こうして御縁が生まれました。

 

税務署での講演後にわざわざご連絡をくださる方は稀で、少し驚きましたが、お話をさせていただくうちに本当に真面目でまっすぐな方だと感じました。

 

何度かお仕事をご一緒させていただき、とても信頼できる方だと思っております。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

ちなみに横山さんは、「資金繰りに悩んでいる中小企業経営者」のために、メールマガジンをしておられます。

資金調達に悩まれている中小企業の経営者の方は、登録されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

「仕事量は全く減らさず、仕事に集中しながら会社設立できました」

株式会社SATISFY 代表取締役 中村好伸様

 

今回ぼくはめでたく会社を設立しました。

 

ダイエットスタジオで仕事をしているぼくが、よく1年で1番忙しいこの時期に、会社設立できたのか?

 

この時期だから忙しい上に、今年は新しい仕事に取り組み休みなくバリバリ仕事してました。

 

忙し過ぎて会社設立止めようかと思う時が、何度かありました。

 

でも、ぼくは仕事をサボることなくこなしながら会社設立できた。それは、この会社設立を丸投げしたからです。

 

わざわざ大阪から三重県四日市まで来てくれました。そして、仕事の方もテキパキとしてくれます。

 

前述したように、ぼくこの時期はスゴく忙しく、なかなか必要な書類を取りに行くことができなくても、

 

メールで優しくアドバイスを頂きました。書類が集まれば、あとは本当に丸投げ。

 

仕事量は全く減らさず、仕事に集中しながら会社設立できました。これはスゴく感動です。

 

本当に何もせず、仕事ばかりして勝手に会社ができて社長になってるんですから。

 

横山さんに任せれば、ストレスを感じず仕事をしながら会社を設立できるので、本当にオススメですよ。

 

 

「元、塾の先生であったので、説明がすごくわかりやすく理解できました」

株式会社神谷総合設備 代表取締役 神谷 聡様

 

横山さんのセミナーに参加して、銀行の融資についての流れを知ることができました。

 

貸付担当役席と、どうすればうまく関係を築けるかについて、今後もっと聞きたいと思っています。

 

元、塾の先生であったので、説明がすごくわかりやすく理解できました。

 

 

 

追伸

 

「融資コンサルタント」は融資の専門家です

銀行が融資するときの基準が分かれば、融資をスムーズに引き出すために何を準備すればいいのかがわかります。
そして、準備はいつから始めれば、実際に必要な時に間に合うのかということも読めてきます。

「融資コンサルタント」は、このように融資についての専門研修を受け、日々変化の激しい融資情報をタイムリーにアップデートし続けています。


銀行側ではなく、行政側でもなく、経営者の側に立って味方になってくれる融資のスペシャリストです。


「融資コンサルタント」は、なぜ融資サポートが得意なのか?

「融資コンサルタント」は、融資コンサルタント協会が実施する全14時間におよぶ濃厚な基礎集中講義を受けています。必要なときには、当協会からアドバイスやサポートを受けられる体制も整っています。
さらに、変化の激しい融資商品や、毎年変更になる政府の補助金、さらには最新の融資事例などについて学ぶ勉強会「融資実践研究会」にも随時参加しています。



では、「融資コンサルタント」に相談すれば、 具体的に何が変わるのでしょうか?融資が受けられるようになるのでしょうか?


いいえ、そうではありません。

 

それよりも大きな変化が、あなたの会社や事業に起こります。

では、事例をご覧ください。

 


2017年のお話です。

父上から会社を引き継いだ建設業の社長が、ある時「融資コンサルタント」に相談に来ました。

社長が代表取締役に就任してまもなく「設備投資の融資がおりない」という事態におちいりました。父上の代から顧問をしてもらっている税理士は融資相談に積極的ではなかったのです。相談しても、まともに取り合ってくれません。その上、顧問税理士は社長のことを、子ども時代から知っているので、上から目線的なのです。顧問税理士の変更も考えましたが、父上がまだ会長として残っておられたのです。そのため、顧問税理士を変えるなどと、簡単には切り出せない状況でした。まさに袋小路に入ってしまいました。

 

その頃の社長は、経営者の孤独感というものを初めて味わっていました。


さて、そこへ相談を受けてやって来た「融資コンサルタント」は、直近3期分の決算書を見ながらメインバンクとの普段の付合い方を尋ねました。そして「では、○○までに○○しましょう」という 具体策をその場で7つも出してきたのです。次にこう言いました。「お分かりのように、今のままでは来月にすぐ融資してもらえるというわけにはいきません。でも、これからこの7点を順次克服していって半年後の融資を目指しましょう」と。

 

それを聞いて社長が言いました。「聞きたかったのは、これなんです!」「はっきりした目標と、それを実現するための具体的な行動を知りたかったんです!」と。

 

人は目標が見えれば、がんばれます。

 

積極的な気持ちが未来へと向かいました。
「来月までに、あれをしておかないといけないな」

「やっと3ヶ月目まで来たんだ。あと半分だ。先が見えてきたぞ」

「いよいよ来月が勝負、これが必要になりそうだから、今のうちに手をつけておこう」など。

「融資コンサルタント」に相談してからは、不思議と事業が楽しくなってきました。父上から引き継いだからではなく、社長自身の手で会社を操縦しているという実感が湧いてきたのです。さらには自信のようなものまで出てきました。

 

同時に、従業員を見る目も変わってきました。「この融資がうまくいけば、日頃がんばってくれている社員にお返しができる」と、融資の準備を行いながら、わくわくして考えていたと言います。

 

「融資コンサルタント」に相談するまでは 事業の先行きが見えず「彼らがこのまま我が社に、とどまってくれたらいいけれど…」と 弱気な態度しかとれなかったのです。もちろんこの会社の顧問税理士は、日々の税務を間違いなく続けています。そこに何の不満もありません。

ただ、自社に「融資コンサルタント」というサポーターが加わったことで、事業の展望が開けたのです。

 

その余裕から社員への心配りもきめ細かくなり、社内の会話が増えて職場が明るくなったのです。売上のほうは、前年対比137%にまで達しました。
もちろん、融資は半年後に実行されました。「融資コンサルタント」のサポートが入った結果です。


今現在、困っている社長はたくさんいらっしゃいます。

「毎月末ごとに、資金繰りが苦しくなる」

「今は良くても、半年後や1年後のほうが心配だ」

「もし今、設備投資ができれば、上のレベルいけるのに」

 

上記のような社長ならではの悩みは、誰にも相談できないことが多いのです。不安な気持ちを、社長一人で抱えているのです。でも、今できることがあります。融資サポートの専門家である「融資コンサルタント」に相談すること。ただそれだけです。

そうすれば、今、目の前にある景色や明日の景色の両方が変わります。かつてのあの社長のように、あなたにも笑顔で日々の経営ができる日が来ることを、心から願っています。

 

 

これまで、実際の融資に関して、業務を通じて様々なことをお伝えしてきました。

そんな中、
「融資についてのメルマガってやっていますか?」

「もし、横山さんのメルマガがあれば、ぜひ登録したいです!」

という声を、これまでにいただいていました。

 

ということで、そんな声を受けて、
今回は、私のメルマガを紹介させていただきました。


もし、興味のある人はぜひご参加ください。

 

無料メルマガ登録はこちらです

↓ ↓ ↓

 

今すぐ登録する 無料!

 

 

特定商取引法の表記 | Copyright (C) 2019 大阪堺創業融資支援センター All Rights Reserved.